2014年3月11日オープン!陸前高田のバンガローイン「レインボーサライ」

陸前高田で営んでいたジャズ喫茶を津波で流された冨山さん。
全国のジャズファンからのLPレコードの寄付が寄せられ、震災からちょうど1年の2012年3月11日に、大船渡でジャズ喫茶「h.イマジン」を再オープンさせた。(再オープン直前に取材した記事はこちら

レインボーサライ 冨山さん
極上の音楽が流れる空間をつくりあげた冨山さんだが、それだけにはとどまらないバイタリティの持ち主。
復興支援などで多くの人が陸前高田を訪れるにも関わらず、それを受け入れる宿泊施設がほとんどない現状をみて、津波に流されたジャズ喫茶のあった自分の土地に、皆が気軽に宿泊できるバンガローを建築しようと思いつく。
思いつきだけでは終わらないのが冨山さんのすごいところで、完成イメージのデッサンを元に、市からの許可や資材不足、職人不足など、さまざまな問題を1つずつクリアして、震災から3年後の2014年3月11日に、バンガローイン「レインボーサライ」のオープンにこぎつけた。

レインボーサライ「レインボーサライ」の名のとおり、バンガローは1棟ずつ、鮮やかな虹色に塗られている。
「最初は、10棟くらい作りたいと思っていたんですが、土地の広さの関係で計算してみたら7棟がちょうどいいということになって。7棟にするなら虹色だろうって思って、レインボーサライにしたんです。」

「レインボーサライ」があるのは被災した土地の一部。周辺はほぼ更地になっており、盛り土の工事やダンプカーが行きかう殺風景な景色が続く。そんな中に、忽然とあらわれるレインボーのバンガローに、心が明るくなる人も多いのではないだろうか。

レインボーサライ ベッド
部屋はすべてベッドのみのツインルーム。室内はシンプルだが、折りたたむとソファになる赤いソファベッドなど、冨山さんのこだわりが随所にみられる。
別棟に、男女別共用のトイレ・シャワーも完備されており、快適に過ごせそうだ。

岩手に移住してジャズ喫茶を始める前は、東京などでホテルマンをしていた冨山さん。自身で宿泊施設を運営するのは初めてだが、空間・設備づくりやホスピタリティはプロフェッショナルだ。

レインボーサライ
「(陸前高田・大船渡など)気仙地方には、独自の文化とさまざまな魅力・宝があるんです。移住してきた自分には、それがよくわかるが、地元の人は意外と気が付かないもの。外に向けて魅力を発信して、日本各地、世界から陸前高田に人が集まるようにしたい。レインボーサライは、その第1歩なんです。」

そう語る冨山さんには、レインボーサライの先に目指すモノがすでに見えているようだった。

2014年3月11日オープン!陸前高田のバンガローイン「レインボーサライ」
所在地:岩手県陸前高田市高田町字本丸29-2 
電話番号:0192-47-3455
電話受付時間:9時~21時

PAGE TOP

岩手県

大槌町

「ひょっこりひょうたん島」のある町

岩手県の南北のほぼ真ん中、太平洋に面する大槌町(おおつちちょう)。大槌湾へと注ぐ大槌川と小鎚川の河口にあり、2つの川が形成する平野の部分が町の中心となっている。人口は約1万2千人で、その多くが町の中心である海沿いに集まっている…

岩手県

釜石市

鉄とラグビーの街・釜石

釜石市は、太平洋に面する陸中海岸国立公園のほぼ中央に位置し、総面積は441.42平方キロメートル、人口約3万7千人(2012年6月1日現在)の街だ。陸中海岸国立公園は岩手県北部から宮城県北部までの海岸線一帯を占める国立公園で…

岩手県

大船渡市

美しい海岸線と
海の幸を楽しめる街・大船渡

大船渡市は岩手県の沿岸南部に位置し、人口約は4万人。海に山にと、自然豊かで風光明媚な景観をもつ街だ。沿岸部一帯はリアス式海岸となっていて、6キロにも及ぶ海岸線をもつ碁石海岸はとても神秘的…

福島県

相馬市・南相馬市

一千有余年の歴史を経て、
今なおいきづく伝統の祭り

かつて、平将門(~940年)が下総国に野馬を放し、敵兵に見立てて軍事訓練をしたのが起源といわれ、国の重要無形民俗文化財にも指定されている相馬野馬追。期間中は、街中を騎馬武者が行列し、甲冑競馬や神旗争奪戦などが行われる。

宮城県

石巻市

豊かな自然とマンガキャラクターが迎えてくれる街・石巻

石巻市は宮城県の東部に位置し、人口約は15万人で、仙台市に次ぎ県内で2番目に人口の多い街。石巻湾に注ぐ旧北上川の河口にあり、三陸海岸の最南端に位置する牡鹿半島や金華山を含む風光明媚なところだ…

HOME >
陸前高田 > 2014年3月11日オープン!陸前高田のバンガローイン「レインボーサライ」

PAGE TOP