協賛企業
ナイス株式会社

PickUp!

店主夫妻の夢だったカフェをオープン
石巻の音楽好きが集まる「coffee shop ROOTS」

店主夫妻の夢だったカフェをオープン 石巻の音楽好きが集まる「coffee shop ROOTS」

橋通りエリアにある「ROOTS」は、いつも香ばしいコーヒーの香りをさせている気軽なカフェ。

以前はこの近くで洋品店を営んでいたという店主夫妻が、被災で店舗を失ってしまった後、場所を変えて「昔からの夢だった」というカフェを仮店舗でスタート。その後、2012年4月に今の場所で、新しいカフェをグランドオープンさせた。

石巻はレゲエをはじめ音楽活動が盛んな街として知られており、震災前から多くのアーティストが集っていた街だ。「ROOTS」店主のご夫婦も大の音楽好きで、特に伝説のバンド「グレイトフル・デッド」の大ファンという。店内で“デッドもの”が多数販売されているのはそのためだ。

社員の信念で復興を目指す
老舗の缶詰メーカー「木の屋石巻水産」

木の屋石巻水産

1957年に石巻に創業し、すでに半世紀以上も水産加工品を作り続けている老舗の缶詰メーカー。国内有数の水揚高を誇る石巻漁港周辺には数多くの水産加工メーカーが工場を連ねていたが、木の屋石巻水産もそのひとつだ。石巻は国内有数の捕鯨基地としても知られており、木の屋石巻水産は看板商品である「鯨大和煮」とともに成長してきた。

そのシンボルとも言えるパッケージデザインは、赤地に鯨肉の写真が入った縦長の缶。全国的に広く販売されていたので、目にしたことのある人も多いだろう。

津波の被害を受け工場は全壊してしまったが、このデザインを模した貯蔵タンクが工場から300mも離れた漁港の目抜通りに流れ着き、石巻の被災のシンボルのように報じられた時期もあった。その後、このタンクは少しだけ移動して中央分離帯の上の安全な場所に安置され、今後どのように扱っていくか検討されていたという。

PAGE TOP

東北に行こう! HOME >
東北に行こう! 石巻 >

PAGE TOP