協賛企業
ナイス株式会社

日和山公園

日和山公園

日和山(ひよりやま)は石巻市をかすめて流れる旧北上川の河口近くの右岸にある高台。標高56mの頂上のすぐ近くまで住宅街が広がっているが、頂上には鹿島御児神社があり、それを囲む稜線の上と南側山腹が「日和山公園」となっている。

尾根上の展望スポットからは中央、中瀬などを見下ろし、南側斜面には門脇地区や漁港方面を広く見渡せるため、観光スポットとしても人気が高い。

日和山公園

春先には桜、初夏にはつつじの名所としても知られており、地元の人々にとっては定番の花見スポットのひとつ。さらに古くは松尾芭蕉が訪れた地としても知られ、公園内には「奥の細道」と書かれた標柱や句碑、芭蕉像などが点在している。

芭蕉以外にも種田山頭火、石川啄木、宮沢賢治、新田次郎らの歌碑もあり、多くの文筆家がこの山からの絶景を愛でたようだ。なお、震災時には海岸線から最も近い高台として、多くの市民の避難場所となっていた。

日和山公園
所在地:宮城県石巻市日和が丘2-1-10 
電話番号:0225-95-1111 (石巻市観光課)

このページをご覧の方はこんなページもご覧になっています。

PAGE TOP

東北に行こう! HOME >
東北に行こう! 石巻 >
みる > 日和山公園

PAGE TOP