協賛企業
ナイス株式会社

かめ喜寿司

かめ喜寿司

双葉町交差点から羽黒山に向かって上る緩やかな坂道の途中にある「かめ喜寿司」は、開店から25年、石巻の海の幸を、石巻の人々のために握ってきた生粋の板前寿司。
2007年にリニューアルしたという店内は清潔感にあふれ、明るい雰囲気で居心地がいい。

かめ喜寿司

親方は朗らかな人柄で、初めてのお客さんでも屈託のない笑顔で話しかけくれる。白衣ではなく、某スポーツメーカーのTシャツに「かめ喜」の刺繍をあしらい、正装としているのもユニークだ。
気になる価格だが、「かめ喜」のメニューは実に単純明快。昼であれば1,000円のランチ寿司のみで、その日のおまかせ寿司を一汁一品付きで楽しめる。
夜は「並にぎり」が900円から。「上にぎり」が1,800円、最高ランクの「親方おまかせ寿司」でも3,000円である。

かめ喜寿司

その内容は価格からは想像できない充実の内容で、もちろんネタは毎日変わるそうだが、石巻漁港に揚がったばかりの極めて新鮮な魚介が握られる。
訪れた日の「おまかせ」にはウニ、アワビ、クジラ、金華サバなど石巻らしいネタが盛られていた。 シャリもやや大きめに握られているので、食べ応えもあり、漁師さんにも人気が高いという。
寿司と一緒に出された鯛の潮汁も、職人の仕事が凝らされた珠玉の一杯。魚を見る目が厳しい石巻で、25年間支持されてきたのも納得だ。

かめ喜寿司

最後に、親方が「これも是非食べてよ」と出してくれたのが、常連が欠かさず食べて帰るというアナゴの握り。ふっくらと炊き上げられたアナゴの身はこの上ない美味しさ。聞けばこの店には政財界の超大物のファンが何人もいて、お忍びで時折訪れることもあるということ。値段の2倍3倍、あるいはそれ以上も、石巻の魚を楽しませてくれる名店である。

かめ喜寿司
所在地:宮城県石巻市泉町3丁目10-45 
電話番号:0225-22-4144
営業時間:11:30~14:00、17:00~21:30
定休日:月曜日
http://kameki.web.fc2.com/

このページをご覧の方はこんなページもご覧になっています。

PAGE TOP

東北に行こう! HOME >
東北に行こう! 石巻 >
食べる > かめ喜寿司

PAGE TOP