大船渡港

大船渡港

大船渡市街の目の前に広がる大船渡港は、湾口までおよそ6キロある天然の良港。岩手県内でも屈指の海運・漁業の重要拠点となっており、県内で唯一、外国への定期コンテナ船が就航している。
震災前の漁獲高は岩手県第2位。湾の周囲には東側の野々田地区に主に漁業関連の施設が、大船渡駅東側の茶屋前地区には主に鉱工業・運輸関係の施設がある。
また、盛川を挟んで西側には太平洋セメントの工場があり、全国にセメントを搬出する拠点となっている。津波では港の多くの施設が被災・流失したが、特に西側の漁港地区では復興が進んでおり、現在は魚市場も稼動している。

大船渡港
所在地:岩手県大船渡市 

読み込み中

PAGE TOP

東北に行こう! HOME >
東北に行こう!大船渡 >
みる 暮らす > 大船渡港

PAGE TOP