干し柿

干し柿

大船渡周辺は岩手県内でも最も温暖な地域で、昔から柿の栽培が盛んに行われてきた。中でも「小枝柿」という種無しの小ぶりの渋柿が多く植えられ、これを粉が吹くまで干したものを地元では「ころ柿」と呼んでいる。ころ柿は古くは冬の保存食ともされていたが、最近では特産品として販売することも多く、全国に数ある干し柿ブランドのひとつとなっている。粒が小さく栽培にも手がかからないため他の干し柿よりも低価格で売られ、市内の物産店では1個20~30円程度で売られている。

干し柿

柿には食物繊維をはじめペクチン、カロチノイド、ビタミンCなどさまざまな栄養素が含まれており、これらを凝縮した干し柿は“天然の良薬”と言える。ころ柿を使った「柿羊羹」や「柿ソフトクリーム」などの関連商品も多い。

このページをご覧の方はこんなページもご覧になっています。

PAGE TOP

東北に行こう! HOME >
東北に行こう!大船渡 >
おみやげ・名産 買う > 干し柿

PAGE TOP