‘みる’ カテゴリーのアーカイブ

世界の椿館・碁石

2012年6月22日 金曜日

世界の椿館・碁石

碁石海岸にある椿を集めた大温室。日本国内はもとより、世界中から収集した椿およそ600種類が植栽されている。
館内には温室のほか椿やその他植物の即売コーナー、椿に関する展示室なども備えられている。
椿は例年9月から徐々に開花し、2~3月に開花のピークを迎え4月まで花を楽しめる。恒例となっている「つばきまつり」の開催は例年1月から4月ごろ。開花期の入館料は大人500円、小中学生300円。開花期以外は割引となる。

近隣には碁石海岸の遊歩道や展望台、「碁石海岸レストハウス」や「大船渡市立博物館」などもあり、併せての散策がお薦め。

世界の椿館・碁石
所在地:岩手県大船渡市末崎町字大浜280-1 
電話番号:0192-29-4187
営業時間:9:00~17:00
休館日:月曜日(祝日の場合は火曜日)、年末年始(12月29日~1月3日)
http://www13.ocn.ne.jp/~goishi/

三陸鉄道恋し浜駅

2012年6月22日 金曜日

三陸鉄道恋し浜駅

三陸鉄道リアス線の駅で、同線では最も新しい駅。1985(昭和60)年に開業した当初は地元の地名を取った「小石浜」駅だったが、2009(平成21)年に「恋し浜」駅に改名。後付けの駅舎であるため、ホームまで長い階段を登ることが特徴だ。改名を機に駅名表示の看板はロマンチックなデザインのものに替わり、2010(平成22)年には「幸せの鐘」も設置された。地元の名産品を使った「ホタテ貝の絵馬掛け」も名物になっている。震災後は南リアス線が不通のため、アクセス手段は基本的に車のみ。

三陸鉄道恋し浜駅
所在地:岩手県大船渡市三陸町綾里小石浜123-4 

大船渡港

2012年3月10日 土曜日

大船渡港

大船渡市街の目の前に広がる大船渡港は、湾口までおよそ6キロある天然の良港。岩手県内でも屈指の海運・漁業の重要拠点となっており、県内で唯一、外国への定期コンテナ船が就航している。
震災前の漁獲高は岩手県第2位。湾の周囲には東側の野々田地区に主に漁業関連の施設が、大船渡駅東側の茶屋前地区には主に鉱工業・運輸関係の施設がある。
また、盛川を挟んで西側には太平洋セメントの工場があり、全国にセメントを搬出する拠点となっている。津波では港の多くの施設が被災・流失したが、特に西側の漁港地区では復興が進んでおり、現在は魚市場も稼動している。

大船渡港
所在地:岩手県大船渡市 

長谷寺

2012年3月10日 土曜日

長谷寺

住宅地にある小さな寺院だが、東北地方最古級の平安末期の木造如来坐像と鎌倉時代の木造十一面観音立像があり、それぞれ県指定の文化財となっている。特に如来坐像は平泉中尊寺の仏像群よりも古いもので、ふくよかな表情が往時を伝える。いずれの像も一本のカツラ材から彫り出しており、鉈の跡を意図的に残す「鉈彫(なたぼり)」という技法が特徴的。寺自体は938(天慶元)年の開基とされ、赤崎町小田地区に小さな堂があったと伝えられるが、その後火事で仏像以外はすべて焼失。1625(寛永2)年に現在地に移転した。現在の本堂は1705(宝永2)年、観音堂は1716(享保元)年の建築。気仙三十三観音二十二番札所。

長谷寺
所在地:岩手県大船渡市猪川町長谷堂127 
http://www.city.ofunato.iwate.jp/www/contents/1306..

長安寺

2012年3月9日 金曜日

長安寺

大船渡市北部の日頃市町にある真宗大谷派の寺院。開創は平安時代末期頃と伝えられている。東北随一といわれる壮麗な山門は総ケヤキ造りで、1798(寛政10)年の竣工。実はケヤキが当時禁制の材木であったため、藩主の伊達氏から工事途中で中止を命じられ一部の装飾が欠けている。本堂は1883(明治16)年に再建されたもの。江戸時代には幕府に迫害されていた蘭学者・高野長英がこの寺に隠れ住み、密かに蘭学を教えていたとも伝えられている。境内にはその他、桃山建築を模した鼓楼と鐘楼、推定樹齢420年のイチョウの木もあり見どころが多い。

長安寺
所在地:岩手県大船渡市日頃市町長安寺57 

大船渡市立博物館

2012年3月9日 金曜日

大船渡市立博物館

碁石海岸にある歴史と文化の博物館で、大船渡市随一の規模を誇る。展示内容は古生代から現代までの大船渡地域の変遷を、地質、考古、民俗の側面から紹介したもの。特に漁法や漁具の展示などは内容豊富である。見学の最初には「大船渡 その海と大地」をテーマにした動画をシアターで鑑賞する。学校教育や生涯学習の場としても利用されるのはもちろん、一部の資料は研究や学習のための貸し出し等も行っている。休憩スペースの利用は無料。入館料は高校生以下無料、一般300円。徒歩1分の場所にある「世界の椿館・碁石」との共通チケットの人気も高い。

大船渡市立博物館
所在地:岩手県大船渡市末崎町字大浜221-86 
電話番号:0192-29-2161
開館時間:9:00~16:30(入館は16:00まで)
入館料:大人300円、高校生以下無料 共通券400円(開花時期600円)
FAX:0192-29-2162
http://www.city.ofunato.iwate.jp/www/contents/1116..

サン・アンドレス公園

2012年3月9日 金曜日

大船渡漁港に接した小さな芝生の丘にあり、個性的な形の展望塔がランドマークとなっている公園。

サン・アンドレス公園

震災前は芝生が青々とした美しい公園だったが、津波によって土台部分や手すりが大きく破損した。1年経った2012(平成24)年3月現在は、破損はそのままながら展望台部分まで登れるようになっている。展望台には復興の祈りを込めた千羽鶴が架けられており、被災した大船渡湾を一望できる。

なお、公園の名は1611(慶長16)年スペインの使節として来日したセバスチャン・ビスカイノが伊達政宗の許可を得て、聖アンドレスの祭日に入港したことを記念して付けられた。

サン・アンドレス公園

サン・アンドレス公園
所在地:岩手県大船渡市大船渡町 

世界の椿館・碁石 第15回つばきまつり

2012年3月8日 木曜日

大船渡市郊外の碁石海岸にある「世界の椿館・碁石」では、例年1月から4月の椿の開花期に合わせて「つばきまつり」を開催。2012(平成24)年で15回目を迎える恒例の祭りとなっている。

世界の椿館・碁石 第15回つばきまつり

2012(平成24)年は厳冬により、例年よりも1か月遅れて2月12日から4月15日の開催となった。市内には各地につばきまつりのポスターが掲示され、市内はもちろん、全国から観光客が訪れて、震災後一番のにぎわいを見せている。祭りは期間中毎日継続されるもので、特に大きなイベントが催されるものではないが、期間中の週末にはミニコンサート、押し花や寄席上の体験イベント、「椿クレープ」の出張販売などが行われる。

世界の椿館・碁石 第15回つばきまつり

取材に訪れたのは開花のピークとなっていた3月初旬の平日。温室内にある世界13か国、約600種類の椿はおよそ8割が開花し、色とりどりに美しさを競っていた。温室に入るとふんわりと優しい香りが漂い、目の前には色とりどりの花を付けた“椿の森”が現れる。私達日本人にとって「椿」のイメージと言えば淡い紅色だが、日ごろよく目にする紅色で一重咲きの椿は、椿の原種にあたるカンツバキ、ヤブツバキなど。しかし、それ以外にも、世界にはさまざまな色や形の椿が存在するそうだ。

世界の椿館・碁石 第15回つばきまつり

ここに展示されている椿の内訳は、「原種」と呼ばれる野生種が和種5種類、洋種20種類。それを園芸用に改良した「園芸種」となれば、和種460種類、洋種115種類にもなる。その割合を見ても、いかに椿の花が日本人に愛されてきたかが分かる。冬によく見るサザンカや、日本茶や紅茶の原料となるチャノキもツバキ科ということだ。園内を散策していると、同じ椿でもずいぶんと枝ぶりや幹の色、花の付き方が違うことに気づく。こうして一度に多くの椿の開花を見られるのも、温室内で管理されているからこそ。珍しい椿としては、椿の原種にあたるものの一種「金花茶」があるそうだが、これは30年ほど前に中国で発見され「幻の椿」などと話題になったもので、温室内にも数本植えられており、ちょうど開花期を迎えていた。園芸種のような派手さは無いが、上品な淡い黄色の花が下向きに咲き、なんともはかなげである。

世界の椿館・碁石 第15回つばきまつり
温室内に咲く世界の椿は、それぞれの気候や土壌に合わせるためか多くが鉢植えにされており、枝の剪定、咲き終えた花の摘花など、隅々まで手入れが行き届いているため野生の椿と比べても一皮剥けたような美しさがある。通常であれば朽ちた花や風雨で傷ついた花も交じってしまうので、これほど美しい椿の森を楽しめるのも、温室ならではの魅力だろう。この椿館も3.11震災の際には損壊被害があり、何よりもその後の2ヶ月にわたる断水で苦難を強いられたそうだが、思い切った剪定を施して乾燥に耐え、1年後には美しい花を咲かせた。その生命力のたくましさは、大船渡の人々にとっても大きな励みとなっているようだ。

世界の椿館・碁石 第15回つばきまつり
なお、「世界の椿館・碁石」の入館料は季節ごとに変動し、1月からの開花期の入館料は大人500円、小中学生300円などとなる(開花していない時期は大幅に割引される)。高く感じる人もあるかもしれないが、これほど手入れが行き届いていることを考えればむしろリーズナブル。チケットを購入する際には「共通券にしますか?」と聞かれるが、これは歩いて1分ほどの場所にある「大船渡市立博物館」との共通入館券のこと。わずかなプラス額なので、共通券を選ぶのが賢明だ。

色とりどりの椿が咲く温室内は、さながら“桃源郷”の雰囲気。特に写真撮影を楽しみたい人にとっては理想的な環境だろう。「つばきまつり」期間中には観光バスも多く訪れ混み合うので、できれば平日に訪れて、ゆっくりと椿の奥深さ、美しさを堪能してみたい。

世界の椿館・碁石 第15回つばきまつり
所在地:岩手県大船渡市末崎町字大浜280-1 
電話番号:0192-29-4187
開催期間:2012(平成24)年2月12日~4月15日
営業時間:9:00~17:00
休館日:月曜日(祝日の場合は火曜日)
http://www13.ocn.ne.jp/~goishi/

フレアイランド尾崎岬

2012年3月8日 木曜日

フレアイランド尾崎岬

大船渡湾の入口にあたる尾崎岬にあり、バーベキュー施設、7棟のバンガロー、5棟の和風コテージ、キャンプ場、遊具などを備えたアウトドアレジャー施設。大船渡市が運営している。特に駐車場脇のバーベキューハウスからは太平洋が一望でき、開放感が抜群。鉄板、ガスボンベ、「いものこ汁」用の鍋なども揃っており、食材だけ持ち込めばいい手軽さが支持されている。宿泊はバンガローの人気が高く、キッチン、炊事用品、冷蔵庫、ベッド、トイレなどを一式完備。コテージはさらに豪華な造りで、風呂も付く。近隣には子丸海岸、尾崎岬海岸、遊歩道、尾崎神社などの見どころもある。

フレアイランド尾崎岬
所在地:岩手県大船渡市赤崎町字鳥沢188-7 
電話番号:0192-27-4478
http://www.city.ofunato.iwate.jp/www/contents/1341..