2012年4月 のアーカイブ

ワカメ

2012年4月2日 月曜日

ワカメ

岩手県は全国1位の生産高を誇るワカメの産地(震災前)として全国的に知られていて、その多くは養殖ワカメである。ワカメの養殖技術は1950年代に大船渡市末崎町で生まれたもので、その技術が全国に広がったもの。大船渡市は日本のワカメ産業発祥の地とも言える。ワカメは通常、ボイルしたものに塩をまぶした「塩蔵ワカメ」として流通するが、“旬”である2~3月ごろには市内の直売所などに「生ワカメ」も出回る。大船渡市のワカメ養殖産業も震災で壊滅的な被害を受けたが、カキなど他の海産物よりも短期間で収穫できるため、大船渡市では2012(平成24)年の3月から出荷が再開されている。

海の幸

2012年4月2日 月曜日

大船渡港

三陸海岸は全域が好漁場として知られており、大船渡港はその中でも岩手県第2位(震災前)の漁獲高を誇る良港。特にサンマの水揚げ量は全国でも屈指である。サンマ以外にもサバ、サケ、スルメイカ、イサダ(オキアミ)、サメ、ウニ、アワビなどが多く水揚げされる。これらの魚は鮮魚のまま首都圏などに配送されるものもあるが、加工品となるものも多く、漁港周辺には多くの水産加工場がある。

カキ

また、大船渡湾は入口が狭く奥に長いため、穏やかな水面を広く確保できる。これを生かして古くから養殖業が盛んに行われており、ワカメ、ホタテ、カキ、アワビなどの筏(いかだ)が湾内の至るところに浮かんでいる。震災によってこれら養殖漁業も壊滅的な被害を受けたが、カキやホタテをはじめ、徐々に養殖が再開されつつある。

干し柿

2012年4月2日 月曜日

干し柿

大船渡周辺は岩手県内でも最も温暖な地域で、昔から柿の栽培が盛んに行われてきた。中でも「小枝柿」という種無しの小ぶりの渋柿が多く植えられ、これを粉が吹くまで干したものを地元では「ころ柿」と呼んでいる。ころ柿は古くは冬の保存食ともされていたが、最近では特産品として販売することも多く、全国に数ある干し柿ブランドのひとつとなっている。粒が小さく栽培にも手がかからないため他の干し柿よりも低価格で売られ、市内の物産店では1個20~30円程度で売られている。

干し柿

柿には食物繊維をはじめペクチン、カロチノイド、ビタミンCなどさまざまな栄養素が含まれており、これらを凝縮した干し柿は“天然の良薬”と言える。ころ柿を使った「柿羊羹」や「柿ソフトクリーム」などの関連商品も多い。

秋刀魚だし 黒船

2012年4月2日 月曜日

秋刀魚だし 黒船

大船渡市の新名物「さんまラーメン」を提供する、ロックな店主のこだわり派ラーメン店。市街地から日頃市方面に向かう途中にあり、広い駐車場も完備している。店の外観には魂の込もったメッセージが書き込まれており、見た目のインパクトも抜群。エントランスホールには訪れた有名人のサインが数多く飾られており、この店の注目度の高さを物語っているようだ。

店主はかつて東京で多くの有名ラーメン店を食べ歩いており、その経験と知識を生かして自分のラーメンに昇華。市内他店の「さんまラーメン」では具にサンマを使っているが、「黒船」ではダシにサンマ節を使用する手法を選び、個性を出した。

店主一番のお薦めである「大船渡秋刀魚だしらーめん」(醤油味)はとても繊細な一杯で、スッキリとした豚骨清湯には奥ゆかしくサンマが香り、南部地粉を使用した自家製の細麺がその繊細なスープをたっぷりと引き上げる。麺は添加物を抑えているがゆえに伸びは早く、豪快に啜り込むのが美味しく頂くコツと言えるだろう。スープを最後の一滴まで飲み干せてしまう、本物志向の一杯と言える。

秋刀魚だし 黒船

なお、普段はラーメン店だが、チェーン店の「黒船」とは無関係ということだ。時折ライブハウスとしても営業しており、大船渡のロック好きが集う場所となっている。

秋刀魚だし 黒船
所在地:岩手県大船渡市猪川町字藤沢口39-1 
電話番号:0192-26-0144
営業時間:11:00~22:00
定休日:水曜日
http://www.m-side.net/~kurofune/

菓子工房 大浦屋

2012年4月2日 月曜日

菓子工房 大浦屋

かつて漁港付近で営業していた和洋菓子店。津波で被災したため高台に移転し、住宅地の一角で営業を再開した。店内にはショーケース一杯に大ぶりのケーキが並び、誕生日ケーキや手土産を求めて、古くからの常連客が多く訪れる。リアス海岸をイメージした「アーモンドロック」、もっちり皮の「もちもちシュー」、干し柿にあんを詰めた「あんころ柿」など個性的な創作菓子が特に人気で、大船渡土産の定番となっている。

菓子工房 大浦屋
所在地:岩手県大船渡市大船渡町字上山5-25 
電話番号:0192-26-3275
営業時間:9:00~18:30

夏虫のお湯っこ

2012年4月2日 月曜日

夏虫のお湯っこ

夏虫山山麓にある日帰りの人工温泉で、大浴場、泡風呂、薬湯など種類豊富な浴場が魅力。泉質は麦飯石を使用したヘルストン温泉で、腰痛、神経痛、疲労回復などに効果が望める。格安の利用料金でありながら、無料の休憩広間など施設面でも充実しており、広間では名物「しかカレー」などの軽食も食べられる。隣接して「ふるさとふれあい公園」、パラグライダー場、宿泊施設「遊・YOU・亭夏虫」などもあり、レジャーで訪れても1日楽しめる。

夏虫のお湯っこ
所在地:岩手県大船渡市三陸町越喜来小出59-1 
電話番号:0192-44-2600
営業時間:10:00~21:00
定休日:第3水曜日
http://www.echna.ne.jp/~sunfull/oyukko.html