2013年3月 のアーカイブ

おふなと夢商店街で「静岡グルメ」イベント開催

2013年3月27日 水曜日

震災から2年を迎える2013年3月10日(日)、おおふなと夢商店街では、「静岡グルメ」のイベントが行われた。静岡県藤枝市のボランティア団体が中心となって開催。
会場では、掛川茶が無料で振る舞われたほか、三島コロッケ、静岡おでんなどの屋台が出店し、静岡グルメを楽しむ人で賑わっていた。

JR大船渡線 気仙沼~盛駅間で、BRT運行開始

2013年3月24日 日曜日

大船渡BRT

東日本大震災の影響で一部運転を見合わせていた、JR大船渡線。震災からほぼ2年経った2013年3月2日、BRT(バス高速輸送システム)として運行を開始した。ここでいうBRTとは、専用道路を走るバスのことで、渋滞や交通信号による停止がなく、時刻通りに運行をすることのできる電車のようなもの。

大船渡線での運行区間は、気仙沼~盛駅間。そのうち、大船渡~盛駅間で1.9kmの専用道を使用する。運行開始に伴い、陸前高田市内には長部駅と高田病院駅の2つの駅も新設された。
1日あたりの運行本数は、陸前高田~盛駅間で、上り(気仙沼方面行き)26本、下り(盛方面行き)25本。気仙沼~盛駅間を1時間11分で結び、鉄道時よりも13分長くなっているものの、本数ははるかに増えた。

JR大船渡駅

車両はノンステップ型ハイブリッド車を順次導入。また、「ロケーションシステム」を導入することにより、主な駅の待合室のモニターや各自の携帯端末で運行状況を確認できるなどの環境、利用面にも配慮されている。
JR大船渡駅は、待合室としてテーブルや椅子が配置され、バスを待つ人の姿も多くみられた。今年の夏には小友(陸前高田)~盛駅間も専用道路部分が延びる予定で、ますます便利に活用されそうだ。

JR大船渡線 気仙沼~盛駅間で、BRT運行開始
所在地:岩手県大船渡市盛町字東町裏16  
電話番号:0226-41-0012(気仙沼BRT営業所)
運行区間:JR大船渡線 気仙沼~盛駅間
運行開始:2013年3月2日(土)
http://www.jr-morioka.com/cgi-bin/pdf/press/pdf_13..

大船渡屋台村で灯篭が灯されました

2013年3月24日 日曜日

東日本大震災から2年を迎えようという2013年3月9日(土)、大船渡屋台村で手作りの灯篭に火が灯された。
灯篭
灯篭を用意したのは、静岡県藤枝市のボランティア団体。地元の子ども達などが想いを描いた紙で灯篭を作成し、それを大船渡屋台村に設置した。
ちょうど2年となる3月11日は月曜日。団体メンバーも会社員が多いため、3月9日(土)のイベントとなった。

大船渡屋台村
所在地:岩手県大船渡市大船渡町野々田19-1
※電話番号、営業時間、定休日は店舗により異なる

ジャズ喫茶「h.イマジン」ライブ情報

2013年3月15日 金曜日

これまで様々なアーティストがライブを行ってきた、大船渡のジャズ喫茶「h.イマジン」では、3月もライブが行われます。

今回は、30日に「川村善一ジャズピアノ+トランペット&菅野陽子ジャズヴォーカル」、31日に「北川匡厚(マサヒロ)トランペットw/川村善一ジャズピアノライヴ」が行われます。どちらも19:00からスタートです。

ジャズ喫茶「h.イマジン」ライブ情報
所在地:岩手県大船渡市立根町字岩脇4―6 
電話番号:0192-47-3455
営業時間:11:00開店 22:00閉店(21:00L.O)

http://h-imagine.jimdo.com/

南リアス線運転再開記念列車

2013年3月15日 金曜日

太平洋に面する三陸海岸沿いを走る三陸鉄道南リアス線は、東日本大震災以後全線運休となっていました。2014(平成26)年4月の全線運転再開に向け復旧工事を行い、すでに北リアス線は一部運転が再開されています。

2013(平成25)年4月には南リアス線も一部運転が再開されることとなり、その記念として盛~吉浜駅間で運転再開記念列車が三往復限定で運転されます。

南リアス線運転再開記念列車
所在地:岩手県大船渡市盛町馬場4-4 
電話番号:0192-27-9669
開催日:2013(平成26)年4月3日(水)
運行時間:9:30盛発(公募抽選) 14:30吉浜発(無料) 15:30盛発(無料)など
お問い合わせ:三陸鉄道株式会社南リアス線運行部
http://www.sanrikutetsudou.com/2013/03/4%E6%9C%883..