このサイトについて

東北応援企画の特別企画として「東北に行こう!相馬野馬追」をオープンいたしました。

相馬野馬追の舞台は、福島県南相馬市を中心とした浜通りエリア。地震、津波に加えて原発事故の影響もあり、今も多くの住民が避難生活を送っているエリアです。
これまで取材をしてきた大船渡や石巻とは、少し事情が異なるのではないかということで、取材の方法や紹介の仕方についても悩むところがあり、別エリアを先に進めた方が良いのではないかとも考えました。

しかし、実際に現地調査に行き、南相馬博物館で野馬追の展示やビデオ映像などを見たことで、
「やはり、1000有余年の歴史を持つ『相馬野馬追』については、今こそ自分の目で見て紹介をしたい」
という想いが強くなり、今回、特別企画というかたちで、野馬追取材記事をアップすることにしました。

実際に行ってみた野馬追は、想像以上の迫力でした。
例年よりは100頭ほど少ないとはいえ、400頭以上の騎馬武者たちが街中を行列し、「神旗争奪戦」では合戦さながらの戦いを見ることができました。
馬に乗っている人の中には、子供や女性も多くいました。
このエリアに育つ子供たちは、小さな頃から身近なところに馬がいて、年に一度のこの祭りとともに成長してきたといっても良さそうです。

天気にも恵まれ、若者も多く参加して祭りの熱気もあり、普通にしていれば、震災のことも原発のことも忘れてしまいそうな雰囲気でした。
実際には、この祭りに合わせて避難先から帰ってきた子供も多かったそうです。

東日本大震災の被災エリアは極めて広く、復興の状況、街の抱える問題点などは街ごとに異なっています。
石巻では、「被災前とは違う石巻を!」というパワーを感じましたが、
南相馬では「被災前から続く伝統を守ろう」という強い意志を感じました。
状況により、取材の仕方、紹介の仕方も異なりますが、どの街に行っても、現地で前を向いて頑張っている方にお会いできるのは、大変良い機会であると感謝しています。

被災地に限らず、どの街にも、それぞれ独自の魅力があります。
弊社は、「より多くの街の より多くの魅力を より多くの人に伝え続ける」を企業理念として、街の情報発信を続けております。今後も、これまでの取材で得た「縁」を大切にしつつ、他のエリアについても展開をしていきたいと考えています。

2012年8月11日
株式会社インターカタログネット

PAGE TOP

東北に行こう! HOME >
東北に行こう! 相馬 >
このサイトについて

PAGE TOP