デコ屋敷大黒屋

デコ屋敷大黒屋

三春地方の伝統民芸「高柴の張子人形」を制作する工房が集まる高柴集落。ここは「高柴デコ屋敷」という呼び名が付けられており、市内から車でおよそ20分という山中にもかかわらず、多くの観光客が訪れる場所となっている。

デコ屋敷大黒屋

「デコ」は「木偶」(でく)がなまった方言であり、「デコ屋敷」は「人形屋敷」を意味している。高柴では江戸時代から縁起物である人形作りがさかんに行われており、「三春張子」と呼ばれている。代表的なものには、だるま、首ふり虎、干支、俵牛(俵を負った牛)、お面、三味線をもつ女などがある。

デコ屋敷大黒屋

集落内には今でもいくつかの工房が店を構えているが、その起源となったのが、集落の入り口にある「大黒屋」と言われている。「大黒屋」は江戸時代から人形を作り続けている老舗で、現在の当主は創業者から数えて何と21代目。今でも江戸時代と変わらない、手作りの手法で製造を続けている。

デコ屋敷大黒屋

張子人形の制作は、和紙を重ね合わせたものを材料に、木型に紙を強く張り重ねる「紙張り」、乾燥後に切れ目を入れて型から抜き出す「型抜き」、小道具を取り付ける「取り組み」、表面を滑らかにする「胡粉(ごふん)塗り」という工程を経て、最後に「絵付け」の作業が行われる。

デコ屋敷大黒屋

大黒屋の工房ではこれらの作業の様子を見られるほか、最終工程の「絵付け」を体験できるコースもあり、「自分だけのオリジナル張子」を持ち帰ることも可能。もちろん、大小様々な張子人形が展示・販売されているので、ちょっと気の利いたお土産を探すこともできそうだ。

デコ屋敷大黒屋
所在地:福島県郡山市西田町高柴字舘野163 
電話番号:024-981-1636
営業時間:9:00~17:00
定休日:年中無休
http://www.dekoyashiki-daikokuya.co.jp/index.html

このページをご覧の方はこんなページもご覧になっています。

PAGE TOP

岩手県

大槌町

「ひょっこりひょうたん島」のある町

岩手県の南北のほぼ真ん中、太平洋に面する大槌町(おおつちちょう)。大槌湾へと注ぐ大槌川と小鎚川の河口にあり、2つの川が形成する平野の部分が町の中心となっている。人口は約1万2千人で、その多くが町の中心である海沿いに集まっている…

岩手県

釜石市

鉄とラグビーの街・釜石

釜石市は、太平洋に面する陸中海岸国立公園のほぼ中央に位置し、総面積は441.42平方キロメートル、人口約3万7千人(2012年6月1日現在)の街だ。陸中海岸国立公園は岩手県北部から宮城県北部までの海岸線一帯を占める国立公園で…

岩手県

大船渡市

美しい海岸線と
海の幸を楽しめる街・大船渡

大船渡市は岩手県の沿岸南部に位置し、人口約は4万人。海に山にと、自然豊かで風光明媚な景観をもつ街だ。沿岸部一帯はリアス式海岸となっていて、6キロにも及ぶ海岸線をもつ碁石海岸はとても神秘的…

福島県

相馬市・南相馬市

一千有余年の歴史を経て、
今なおいきづく伝統の祭り

かつて、平将門(~940年)が下総国に野馬を放し、敵兵に見立てて軍事訓練をしたのが起源といわれ、国の重要無形民俗文化財にも指定されている相馬野馬追。期間中は、街中を騎馬武者が行列し、甲冑競馬や神旗争奪戦などが行われる。

宮城県

石巻市

豊かな自然とマンガキャラクターが迎えてくれる街・石巻

石巻市は宮城県の東部に位置し、人口約は15万人で、仙台市に次ぎ県内で2番目に人口の多い街。石巻湾に注ぐ旧北上川の河口にあり、三陸海岸の最南端に位置する牡鹿半島や金華山を含む風光明媚なところだ…

HOME >
郡山 > デコ屋敷大黒屋

PAGE TOP