【東北レポート】南部が南部へ行く!

<3日目>

3日目、最初は気仙沼市に向かいました。 こちらではいたるところでまだガレキや半壊した建物が残っていました。中でも印象的だったのが鹿折唐桑駅前にそびえたつ漁船の「第十八共徳丸」でした。駅と路線は現在も休止中で、その代わりに「第十八共徳丸」の前にBRTの仮駅が設けられていました。(ちなみに「第十八共徳丸」は、訪れた翌日に解体が始まり、現存していません。)

第18共徳丸「第十八共徳丸」   鹿折唐桑駅電車が来なくなった「鹿折唐桑」駅

 

 

港は凄まじい被害を受けていました。やっとガレキの回収が終わりそうだという場面であり、これから道路の整備や施設の再建などが始まるという感じがしました。

気仙沼港回収されたガレキ   気仙沼港大きく損壊した港湾設備
気仙沼港半壊した工場   気仙沼港整備が進む港湾

 

 

「気仙沼駅」です。「盛駅」同様新しい駅舎になっていました。 現在は「大船渡線」上りのみが運転していますが、駅内に設置された電光掲示板には、「大船渡線」下りと「気仙沼線」上りの枠もあります。現在はBRTで仮再開していますが、いずれ鉄路で復活することになっているためです。この掲示板がまた光る日が来ることを願います。

気仙沼駅「気仙沼」駅舎   気仙沼駅内「気仙沼」駅内

 

 

続いて石巻へ向かいました。 石巻は「石ノ森章太郎」ゆかりの地で、「石ノ森萬画館」が有名です。今回は、「石巻線」を走る「石ノ森章太郎」のキャラクターをラッピングした「石巻線マンガッタンライナー」を撮影することができました。

マンガッタンライナー「マンガッタンライナー」1両目   マンガッタンライナー「マンガッタンライナー」2両目

 

 

石巻市内の高台にある日和山公園です。松尾芭蕉さんとは中尊寺以来の再会です。こちらでは曽良さんの銅像もちゃんとありました(笑)

この公園は市内が一望できるスポットでした。きれいな海と同時に被災した市街地もしっかりと見え、自然の素晴らしさと恐ろしさを同時に感じました。

日和山公園「石巻」市内   日和山公園 芭蕉芭蕉との再会

 

 

そして3日目最後の目的地松島へ向かいました。

ここは日本三景として、その美しさから有名な観光スポットです。その名に恥じず非常に美しく息を呑むような光景が広がっていました。写真では美しさが伝えきれないのが残念ですが、まだ1度も行ったことがない方は是非行って、実際に見て欲しい景色でした。

ちなみに松島も津波は来たのですが、様々な要因から津波が弱まり、非常に軽微な被害で済み、景観は震災前とほぼ変わらず保たれていました。

松島駅「松島」駅   松島の風景「松島」の風景
「松島」の風景   松島の風景「松島」の風景

 

 

<4日目>

4日目、最終日は仙台城(青葉城)と大崎八幡宮に足を運びました。

仙台城は伊達政宗が築城したもので、今では一部が残っています。

青葉山を登り東北大学を超えるとありました。城址は高く、遮るものがないため市内を非常によく見渡せました。

仙台城 青葉城「仙台城」   伊達政宗「伊達政宗」公

 

 

最後に訪れたのは大崎八幡宮です。伊達政宗に関係が深い神社です。

市街地でありながら、非常に木が多く静かな空間で、旅の終わりにふさわしい場所でした。

大崎八幡宮「大崎八幡宮」参道   大崎八幡宮 「大崎八幡宮」

 

 

<旅を終えて>

今回、私は初めて訪れるところばかりでした。被災地を見て回り、また観光もしてくるという旅でした。ボランティア活動などをしてきたわけではありませんが、この旅行には私自身の中で立派な意味があったと思います。私は、テレビやマスメディアを通じてしか被災地を見てきたことがありませんでした。少しぐらい復興は進んでいると思いましたが、更地になったところや、まだそのまま残っている半壊した建物や船、ガレキなどを見て現実を思い知らされました。その一方で、新しい建物、お祭り、必死に頑張る人、道路を走る重機などをみて、本当に少しだけど、それでも徐々に復興は進んでいるということを理解しました。そして、人と人との交流が大切だということも痛感しました。また、魅力的な観光地もたくさんありました。中でも松島の景色は忘れられないものになりました。海と山があるのでドライブも楽しめます。被災地と観光地を回り、自分の足で立ち、自分の目で見て、自分で話すことでしかわからないものはあると確信しました。

是非、皆さんも東北に足を運んでみてください。

少しでも私のレポートが皆さんの東北に足を運ぶきっかけになればと思います。

 

 

 

 

<おまけ>

車中泊スポットや風呂はどうしたの?という方へ・・・(笑)

1泊目入浴施設 かんぽの宿一関

1泊目宿泊地  道の駅厳美渓

2泊目入浴施設 碁石温泉民宿海楽荘

2泊目宿泊地  道の駅大谷海岸

3泊目入浴施設 仙台コロナの湯

3泊目宿泊地  仙台市内のコインパーキング

いかがでしょうか、少しはお役に立ちましたでしょうか?車中泊をする際は、エンジンをつけっぱなしだと中毒になる可能性もありますし、騒音もあります。しっかりと車中泊に関して調べてから行ってください。空気や気温の管理、近隣の住民の方や周りの車中泊をしている皆さんにも十分配慮するよう気を付けてください。

 

1 2

PAGE TOP

岩手県

大槌町

「ひょっこりひょうたん島」のある町

岩手県の南北のほぼ真ん中、太平洋に面する大槌町(おおつちちょう)。大槌湾へと注ぐ大槌川と小鎚川の河口にあり、2つの川が形成する平野の部分が町の中心となっている。人口は約1万2千人で、その多くが町の中心である海沿いに集まっている…

岩手県

釜石市

鉄とラグビーの街・釜石

釜石市は、太平洋に面する陸中海岸国立公園のほぼ中央に位置し、総面積は441.42平方キロメートル、人口約3万7千人(2012年6月1日現在)の街だ。陸中海岸国立公園は岩手県北部から宮城県北部までの海岸線一帯を占める国立公園で…

岩手県

大船渡市

美しい海岸線と
海の幸を楽しめる街・大船渡

大船渡市は岩手県の沿岸南部に位置し、人口約は4万人。海に山にと、自然豊かで風光明媚な景観をもつ街だ。沿岸部一帯はリアス式海岸となっていて、6キロにも及ぶ海岸線をもつ碁石海岸はとても神秘的…

福島県

相馬市・南相馬市

一千有余年の歴史を経て、
今なおいきづく伝統の祭り

かつて、平将門(~940年)が下総国に野馬を放し、敵兵に見立てて軍事訓練をしたのが起源といわれ、国の重要無形民俗文化財にも指定されている相馬野馬追。期間中は、街中を騎馬武者が行列し、甲冑競馬や神旗争奪戦などが行われる。

宮城県

石巻市

豊かな自然とマンガキャラクターが迎えてくれる街・石巻

石巻市は宮城県の東部に位置し、人口約は15万人で、仙台市に次ぎ県内で2番目に人口の多い街。石巻湾に注ぐ旧北上川の河口にあり、三陸海岸の最南端に位置する牡鹿半島や金華山を含む風光明媚なところだ…

HOME >
大船渡 気仙沼 石巻 釜石 陸前高田 > 【東北レポート】南部が南部へ行く!

PAGE TOP